就活や転職のキャッチコピーの作り方「行動力」をどう言い変える?

キャッチコピーの作り方

就活や転職のキャッチコピーの作り方で「行動力があります!」はよくあるフレーズですが、どう言い変えるかがポイントです。あなたならどんなキャッチコピーで面接に行きますか。

就活や転職のキャッチコピーの作り方「行動力」をアピールする場合

就活や転職のキャッチコピーを作るとき、
「行動力があります!」だと
漠然としすぎですよね。

具体的な行動や
その原動力がわかる
キャッチコピーのほうが
印象に残りますね。

例えば・・・

野生の勘で、まず動け。

が、自分のコンセプトです。

損得を考える前に
誰かのために動く。

もともと
そういうタイプです。

男なら
ちまちまと
考えているうちに

動けなくなることだけは
避けろ、
と、

子供の頃から祖父に厳しく
言われて育ってきたからだと
思います。

・・・・・みたいな。

いま、即興で
完全創作してみたのですが

漠然と
「私は行動力があります!」

というより
すこしは
印象的ではないですか?

さらに

事実として

何か人のために
行動して喜ばれたことや

直観で
ビジネスを立ち上げて
プチ成功した、

などがあると

よりリアリティがでますよね。

就活・転職で使うキャッチコピーを作り方・注意点

✅わかりやすく
✅短く
✅インパクト

が必要なのは
広告のキャッチコピーと同じですが、

ただ、
相手は企業人です。

ノリがよければいい、
インパクトがあればいい、

ということでは
通用しません。

◆過激すぎて不快な感じ、
◆ふざけすぎ、
◆バカっぽいのは

避けましょう。

就活・転職のキャッチコピーを作り方・客観的な視点で

大学の論文発表のとき、
馬術部の女子が
馬を愛する心理についての論文を発表しました。

臨床心理のゼミなのに
統計もなく
分析もなく

ただどれほど馬が好きか、
という作文みたいな論文で
教授たちに低評価でした。

馬を愛するというテーマは
別に悪くはないと思います。

ただ、彼女は馬にのめりこんでいて
視野が狭くなっていたみたいでした。

就活・転職のキャッチコピーを作るときは

自己分析をする必要があります。
客観的な視点で。



まとめ

就活や転職のキャッチコピーの作り方で
「行動力」をどう言い変えるか?
客観的な視点で自己分析をして、
短く、強く、わかりやすい
キャッチコピーを作りましょう。


休眠コピーライター大募集!外部スタッフ求人探すより派遣登録会へ

タイトルとURLをコピーしました