キャッチコピーとは、けもの道を照らす灯?

キャッチコピーの作り方

キャッチコピーとは何でしょうか?商品の宣伝文句?でも、商品以外のものにもありますね。名前みたいなものなのでしょうか。

キャッチコピーとは

キャッチコピーとは宣伝のための謳い文句である。
その出来により商品の売れ行きが大きく左右される。
引用:ウィキペディアより抜粋

新聞や雑誌、チラシなど広告の文章は
すべて「コピー」と呼ばれます。

コピーは商品を売るために作られます。

コピーの中でも、
いちばんメインになるのが

「キャッチコピー」。

キャッチコピーと言われだしたのは
ごく最近で

長く、キャッチフレーズとも呼ばれていました。
短く、わかりやすく、
お客様の心に最短で届くよう設計されます。

心がつかまれるような
魅力的な
キャッチーな文章。

それがキャッチコピーです。

お客様の心=購買意欲に
スイッチが入るわけですね。

キャッチコピー以外のコピーって?

だいたい
短めのキャッチコピーの
近くに
長めで小さめ文字のボディコピーが
くっついています。
これは

キャッチコピーを
補完するものです。

たまにふたつの間に
さらに

やや短めの
リードコピーというのが

ある場合も。

企業ロゴのそばにあるのは
スローガンコピー。

またテレビCMでは
ナレーターが読むための
「ナレーションコピー」というのもあります。

ただしCMの場合、
コピーライターが必ずしも書いてない
ことも多いです。

キャッチコピー一本のみの場合も

たとえばアイドルにつけられるキャッチコピー、
お店の看板に書かれているキャッチコピー、
ブランドにつけられるキャッチコピーなど

広告ではなく
それだけで成立する場合もあります。

「キャッチコピー」が
一本のみ、

すっと立っている。

というときは
たいがい、
売るべき商品の進む方向を

イメージしていることが多いですね。

新しく誕生した商品がどこへ
いこうとしているかを

明確にするための指針として
作られるという場合もあります。

アイドルの場合などは

芸能界という暗いけもの道を
キャッチコピーが進む方向を
示し、誘導灯となる、

という感じでしょうか。

たとえば

何色に染まるかは、この娘が決める。

というキャッチコピーを持つ新人アイドルが
デビューするとして・・・

いまどういう状況で、
今後どうなっていくか、
なんなくふわっと見えますよね。

商品やブランドでも同じ。

40歳からでは遅すぎる肌老化ケア。

など、現在と未来が見えるような
作り方が多い気がします。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました